アニメの感想を書く。

アニメを観て、感想を書きます。

リコリス・リコイル #3 More haste, less speed

前回のアイキャッチで2人が来てたシャツに (それぞれにデザインは違う) 描かれていた花、 OPでも出てくるのね。 いよいよもって何かの意味があるな。 例の取引の写真をクルミがハッキリくっきり拡大した時に、 ミズキが怒っていた理由がよくわかんなかっ…

リコリス・リコイル #2 The more the merrier

OP、最後のキックのとこがイイすね。 アイキャッチで2人が着てるシャツに描かれてる赤い花は何だろう。2人ともであるからには絶対に意味があるハズ。 3つの大きな組織が睨み合っていて、 リコリコがその狭間でいろいろ動くという構図でいいのかな。 もう…

リコリス・リコイル #01 Easy does it

とにかくTLでホットな上に百合勢が元気なので、 なるはやで観ないとね、っていう。 ----- ふむふむ。 女の子二人のバディもので 活発・朗らかなお姉さんと (ただし優秀且つ実は悟っている) 合理主義である種視野が狭く 組織に忠誠を誓いつつも 一匹狼…

劇場版 機動戦艦ナデシコ -The princess of darkness-

「人の執念を見た」に集約されるのかな…。 どこまで意図的かわからないけど ネルガル(と言うか旧ナデシコ関係者)を利用しての、 テンカワ・アキトの復讐劇。 エンディングで彼は行ってしまったけれど、 目覚めた姫は変わらぬさまで、 成長した妖精も大切な…

機動戦艦ナデシコ Blu-ray BOX 特典映像(Disc 5の一部&Disc 6)

Disc 5の特典映像は劇場版関連。 以下の内容を収録。 ・劇場版予告 ・特報 ・TVスポット公開前 ・TVスポット上映中 ・「Dearest」PV ・「Dearest」TVスポット(IN STORE NOW) ・「premire complete DVD-BOX」店頭告知用PV (Blu-ray BOXのみに収録) Disc 6…

機動戦艦ナデシコ OVA「ゲキ・ガンガー3 熱血大作戦!!」

BD-BOX Disc-4収録の映像特典は ・ノンテロップオープニング ・ノンテロップエンディング ・OVA「ゲキ・ガンガー3 熱血大作戦!!」 OPとEDは特に語ることもないでせう。 ということで、 以下、ゲキ・ガンガー3について。 (VHSを買って観たハズなんだけど、…

機動戦艦ナデシコ 第26話(最終話)「『いつか逢う貴女のために』」

ナデシコへの通信を行ったエリナ、 いやに軽快だったな。 ナデシコとアキトに深くコミットしていたら あの軽快さは出ないと思うけど…。 この辺、彼女は立ち位置的に喋って欲しいことの難しさで 少しブレがあるよね。 イネスさんとアイちゃんが一時的であって…

機動戦艦ナデシコ 第25話「『私らしく』自分らしく」

「思い込んだら一直線」「木星の正義」とは言うけどさ。 人がそれぞれ持ってる正義の中でも、 ナデシコと白鳥九十九は、 客観的に観ていちばん人間として正しい正義を選んだよ。 戦争と情報統制、プロパガンダ。 草壁め…。 何で九十九は死ななきゃならなかっ…

機動戦艦ナデシコ 第24話「どこにでもある『正義』」

「自分たちの居場所であるということは 最初からわかっていたのに」 ということを、 ルリに言わせることが大事なんだよな。 しかも、ここにバカばっかを乗せてくる。 最上級! 色々と考えてしまうのもわからんでもないけど、 和平以外に、 その色々が増えて…

機動戦艦ナデシコ 第23話「『故郷』と呼べる場所」

仲良く出来りゃ最高だけど、 そこまで行かなくても戦争する必要は無いよね。 人と人として対面したのなら、なおのこと。 @平塚 「人格面では問題ありません」(笑) でも、それってもうナデシコじゃねえんだよなぁ。 大本営放送! てきぱきユキナとおっとり…

機動戦艦ナデシコ 第22話「『来訪者』を守り抜け?」

過去は必ずしも亡霊ではないと思うが、 成仏させることが出来たのならば、 糧にしなければならないと思う。 躍起になってるエリナ、らしくないんだよなぁ。 別に逃げてるわけじゃないアキトを 逃げてるとして煽れないっていうね。 恋は盲目! 下手な演技の演…

機動戦艦ナデシコ 第21話「いつか走った『草原』」

過去形とそこに込められた願望。 時は、待ってはくれないのだ。 時系列のシャッフルと記憶マージャンで 諸々を断片的に見せる。 ここでわざわざマージャンを用いるのがナデシコだよなぁ。 別にシリアスにやってもいい回でしょうに。 アキトと一緒にYユニッ…

機動戦艦ナデシコ 第20話「深く静かに『戦闘』せよ」

自己嫌悪なう(笑) 敵さんがマジなのはわかっていたことだよな~。 息抜きだったのか現実からの逃避願望だったのかはさておき、 もうバカやっちゃいられない、と。 ナデシコを後方支援に置いておくのって、 地球連合のメンツでしかないよね。 勝つことを優…

機動戦艦ナデシコ 第19話「明日の『艦長』は君だ!」

太古の昔(まだ90年代!)に 同人誌のネタにするために、 VHSで何度も何度も観た回来た━━━━(゚∀゚)━━━━!! ----- 佐藤徹Pが担当する番組には確実に用意される、 歌だーーー!! ----- 先週のことはいいとするな(笑) この当時は、 ナデシコという話…

機動戦艦ナデシコ 第18話「水の音は『私』の音」

疑問を振り払いながら戦火を駆けるナデシコ。 戦いで埋め尽くされ「先」が見えない日々。 では、「過去」は? ナデシコそのものと言えるかも知れないホシノ・ルリの、 本人も欲している記憶のお話。 首藤剛志によるホシノ・ルリ・サーガ三部作、完結編。 姫…

機動戦艦ナデシコ 第17話「それは『遅すぎた再会』」

説明台詞があまりに自然なルリ。 積み重ねてきたアバンの賜物である(?) イネスさんにお悩み相談はいいんだけど、 これだけ諸々が充実した戦艦で メンタルケア系のスタッフが他にいないってのは 意外だよね。 「正義の戦い」なんだよなぁ…、戦争って。 双…

機動戦艦ナデシコ 第16話「『僕達の戦争』が始まる」

この作品において、 ルリのナレーションがド直球なことほど、 事態の深刻さを表すものはない。 船ごとまるっと軍のものになった上に 相手の顔まで見えてしまい、 どこかで他人事だったものが「僕達の」ものになる。 冒頭、作画がちょっと少女漫画寄りだなー……

機動戦艦ナデシコ 第15話「遠い星から来た『彼氏』」

意味が掛かりまくりの「どこへ行くんだろう」。 のちのち意味が出てくる『彼氏』という単語。 オトナ! 前回、1クール総集編を ゲキ・ガンガー世界からの視点で行った直後に 見た目その世界観のままの白鳥九十九や月臣元一朗が登場するのは ビジュアル的な…

機動戦艦ナデシコ 第14話「『熱血アニメ』でいこう」

2クール目のアタマも「いこう」。 ゲキ・ガンガーのキャラクターが テレビでナデシコの1クール総集編を観る、という 入れ替わりの構造に思わずニヤリ。 OPとCM明けたらゲキ・ガンガーのOPって 「何を見せられてるんだ」感が凄い(笑) 自分が出てきてない…

機動戦艦ナデシコ 第13話「『真実(ほんとう)』は一つじゃない」

放送日時に合わせたクリスマス展開な艦内。 アバンなし。 連合軍による生態ボソンジャンプ実験。 暗躍してるように見えるエレナ。 いいよねクリスマス^^ ここで突如フィーチャーされるホウメイガールズ! モブにウキウキさせることで全体のそれを演出。 最…

機動戦艦ナデシコ 第12話「あの『忘れえぬ日々』」

唐突で、客観的で、「自分」が無い、戦う理由。 すこぶる優秀な問題児軍団、ナデシコ。 その核にいたのはオモイカネだった。 自分をいじめる連合艦隊も「敵」! (すぐに過去で観た記憶が蘇ってきたわ) どこまでも「副」なジュンくんの悲哀(苦笑) テロッ…

機動戦艦ナデシコ 第11話「気がつけば『お約束』?」

それなりに苦労しているようには 見えない、見せないのがナデシコだよね。 さりげなく事態が進行していることのお知らせ。 木星蜥蜴の目的と、その成果と。 軍が3連敗しているさなかにナデシコが登場しちゃうことが 軍にとってはいいことなのか問題。 ナナ…

機動戦艦ナデシコ 第10話「『女らしく』がアブナイ」

あたしたちのナデシコ。 状況説明のアバンであったとしても ルリがこの段階で「あたしたちの」としてるの、 ちょっとグッと来るな…。 よくよく考えたら、 チューリップって何なんだろうな。 巨大戦艦でも何でも空間転移させるわ、 自力で宇宙を航行するわ、 …

機動戦艦ナデシコ 第9話「奇跡の作戦『キスか?』」

「みんな何となく」。 非常に的確に(一部を除く)ナデシコクルーの様子を 表しているなぁ。 …アバンってそういうものだとは思いつつ。 幼き二人^^ 「またかよ」ってのが大事だよな。 ムネタケを気に入らないアキトは、 まぁ、わかる。 んで、これに対する…

機動戦艦ナデシコ 第8話「温めの『冷たい方程式』」

さり気なく明かされる「ネルガル」の意味と、 だからなのねと気付かされるナデシコの任務。 ナデシコ、戦線のど真ん中に帰還。 ま、そうなるよね。 祝・ボソンジャンプ成功なんだけどね(苦笑) 諸々観終えているからこそ気付ける、 ユリカ、アキト、イネス…

機動戦艦ナデシコ 第7話「いつかお前が『歌う詩』」

おそらく「けっこう楽勝」だとは思っていなかったルリによる 言葉だからこそ、 命を救えなかったことの重みが増す。 か、かわいい…。 幼児向け番組のお姉さん出身ということが割れるメグちゃん。 イネスDによるなぜなにナデシコ。 ゴートに対しての強い言葉…

機動戦艦ナデシコ 第6話「『運命の選択』みたいな」

この「みたいな」と、 「みたいな」どころじゃなさが ナデシコなんだよね。 あんなだのこんなだの、やや投げやりなアバン(笑) 三人娘強い♪ 「お花畑」はフリーザとどっちが先なのか。 木製側との艦隊との交戦は初めてだよね。 グラビティ・ブラスト他、 ざ…

機動戦艦ナデシコ 第5話「ルリちゃん『航海日誌』」

曲者、変わり者、アレな人たちで賑々しいナデシコを、 子供であることと性格ゆえに一歩引いた目線で見ている少女、ホシノ・ルリ。 戦艦の中でも特に重要な任務に就く彼女の出自に迫る「三部作」の第一弾。 …というのは後々アニメ誌などで知ることになるわけ…

機動戦艦ナデシコ 第4話「水色宇宙に『ときめき』」

迷惑かけまくってる自覚がルリ以外にあるのか問題。 しかしヤマダさんへの言葉は(言葉だけ取れば)冷たい(苦笑) 俺の視聴環境のせいだと思うんだけど、 「YOU GET TO BURNINNG」、 第1話からずっと一部の低音が出てない気がする…。 ホウメイさんとウリピ…

機動戦艦ナデシコ 第3話「早すぎる『さよなら』!」

何気に辛辣なアバンのルリ。 連合国軍の集まりにアポ無しで映像繋ぐ神経(笑)と 英語を喋るユリカの字幕(笑) …連合国軍を描く以上当然の配慮っちゃあそうなんだけど、 90年代後半でも色んなこと気にしてるよね (本放送当時は思いも及ばなかったポイント…