アニメの感想を書く。

アニメを観て、感想を書きます。

リコリス・リコイル #12 Nature versus nurture

全部吉松が仕組んだことだった。

ふむ。

真島を巨大な敵に設定し憎悪を持って彼をあやめることで

千束に(吉松が設定した)本来の目的を思い出させつつ、

自分のもとに呼び寄せて新たな心臓を与える

…と考えると、

マッドサイエンティストのやることとして

「道を違えた責任は取る」発言と共に

筋は通せそうな印象があるけど、

視聴者視点で言うと、

真島吉松対談が行われた辻褄が合わなくなるんだよな。

これ、見返してみたら

(あ、リコリコに限らず感想記事は1回観ただけの印象で書いてます)

途中で利用されてることに気づいた真島が

当初の共謀に留まらない範囲で

吉松におこだったみたいな見方になるのかなぁ…。

 

それと、DAの(あるいは国の?)上層部に

リコリスを処分するという判断をさせるまでのオオゴトになっている以上、

(共謀であるならそうなるところまで読むと思うんだよね)

「生まれ変わった」千束は孤立無援の存在になることは必至。

才能を活かすにも武器の供与とか無くなっちゃうよね。

これは国際テロリストとして生きることで

どうにでもなるという読みなのかなぁ。

活動範囲がワールドワイドになるという意味では

吉松の願う千束の生き方に近づくと言えそうではあるが。

 

また、吉松の仕組んだことだったとして、

彼一人の思惑でこれだけ色々と巻き込めるものなのか、と。

仮にアラン機関のトップであれば可能なのかしら。

 

 

たきなの生き死に込みで追い詰められた千束が、

吉松に実弾を撃つも狙いが右半身ってのがアツいよなー。

千束は千束であり、「能力」に加えて技術も超一流。

吉松を手にかけて生きてもそれは千束じゃないというのも含め、

ここは絶対に揺らがない。

 

千束は全部受け入れてそれでもなお前向きに、

明るく素直に生きているのが凄いし、

だから人を惹きつけるのだろうけど、

そう在ろうとするがあまりに

無意識に振る舞いが出てしまうのか、

ラスト、

自分だけが残る決意のもと

「たきながくれたやつ」ってのは、

たきなにとって残酷過ぎるよなー。

罪深い。

(ところで、真島が待ち構えてるって、気づいてたよね、千束。

 どのタイミングで察したんだろう?)

 

 

リリベル来た━━━━(゚∀゚)━━━━!!

部隊長みたいな振る舞いをしていたイケメンが気になるな。

次回に絡んでくることはなさそうだけど、

彼を使って話が作れてしまうぜ。

既にたきなから警戒されてるしな!

しかし、

リリベルが昔はよくリコリコに千束を仕留めに来ていたというのは

要らん設定じゃないかなと思う。

これをミカと楠木が上に意見して辞めさせたとあっては、

千束を程よく監視するという意味合いでミカはさておくとしても、

楠木にDAを指揮させる判断がおかしいということになってしまう。

リコリスに情が残り甘い判断をし、

ともすれば自分たちに意見するような人間を、

そういう人間であるとわかっていながら

あのような組織の要職に置く合理的な理由が無い。

 

 

リコリス、東京本部の精鋭たちであっても、

名もなきマッチョメンにはやられちゃうのね。

てことは、

国内の治安維持に関してはリコリス

国際テロリスト等の海外からの問題についてはリリベル

みたいな役割分担がされてるのかな。

 

 

ウォールナット来た━━━━(゚∀゚)━━━━!!

電脳戦大好き!

ポリスメンが役に立った(笑)

パックマン(笑)

延空木については謎番組でいいとして、

真島がばらまいた銃はどうするよ。

早急に回収してばらまき自体を揉み消すにしても、

リコリスを撃ったリーマンを観た人間が何十人といるぞ。

その記憶は改ざん出来ない。

言っても誰も信じない状況を作り出した上で

ひとりひとりを、終生、緩く監視する感じかな…。

リコリス・リコイル #11 Diamond cut diamond

収束へ向けての加速…なんだけど、

真島がアラン機関を叩こうとする理由が不明だな。

DA(と日本の現状)への嫌悪に連なるものだとは思うが…。

口説き方次第では千束も自身に加担すると感じている節もある。

まぁ、仮に揺らいだところで

たきながそれを引き戻してくれるのは間違いないわけだが。

 

千束と真島がやりあってる時に落ちてた、

そして着信してたスマホは誰のじゃろ?

その画面を見て千束が何かを思いついたふうだったけど…。

たきなが来ることへの確信でないことは、

たきなが外壁ぶっ壊して登場した時の表情を見れば

間違いないと思うが。

 

一方で、千束が助かる道として

スペア(?)心臓の存在を探り当てたクルミ

ブツの確保はどうにかするだろう…。

 

しかし、真島の真意と千束の救済と

リコリスの存在がバラされた日本とが

あと1回?2回?で

全部どうにかなるとはなかなか思い難いな。

とりあえずは千束助かって

「これからの日本をどうしようか」

「ま、どうにかなるっしょ」

的なのが濃厚か。

 

DAはよくわからんな。

地方支部?所属のリコリスには憧れの場である

東京本部?の司令である楠木は

冷徹になりきれない部分があるし、

駒であるハズのリコリス

(少なくとも千束とたきなに近いメンツは)

ひとりの人間としての感情が命令を優先させがちだし。

(これは千束の影響という話になりそうだけど)

んで、

まー、作中では出し抜かれっぱなし…。

楠木が吉松の名を知らなかった辺り、

所詮は使い捨てられる現場ということが言えるか…。

でも、

日本において東京の現場がこれってのは、

ちょっとマズいと思うけどなー。

 

 

どうでもいいけど、リーマン、よく初めての発砲でリコリスに当てたな。

リコリス・リコイル #10 Repay evil with evil

誰が為に自らの時間と力を使うのか。

 

 

真島、国際テロリストだったのか。

そういうスケール感で物語が進行してるとは感じなかったが、

そうなると、

リコリコを去って行き先は今のところ不明のクルミが、

ボドゲの本場だ!っつって渡ったドイツから

最終局面に関わる可能性は捨てきれないな。

ミズキも然りだけど、

このまま退場とはもちろんならないだろうけど、

関わり方の重要度という点で

顔見せなのかキーパーソンに近い位置になるのか。

後者の可能性が残ったな、と。

人工心臓周りの情報収集からアラン機関の全貌を暴く辺りかな?)

つーか、

クルミとミズキ、タクシーでリコリコ去るの大丈夫なの?

俺がDAでも

アラン機関でも

真島(に託した国際テロリストの組織)でも、

ウォールナットの能力は欲しいでしょ。

護衛もなしに(いたところでほぼ無力だろうけど)

リコリコを去らせちゃマズいと思うんだが。

それはどうと、

クルミの「まだたきながいる」はアツいね。

リコリコを去るけど千束を救うことを諦めてないぜ、っていう。

 

千束は、

自分のために皆が時間を使うのを申し訳無さそうにしてたが、

皆、自分の意思で千束のために時間を使ってるんだよな。

DAに戻ったたきなもそうだし、

人工心臓周りを調べてるクルミもそう。

 

DA、悲しいほどの引き立て役…。

本部も典型的な駄目本部だった(苦笑)

楠木を司令的な位置に配してるの、君らでしょ!

あと、EV前に銃を構えたフキら数人を配置してる辺り、

真島の聴覚について、おそらく把握出来てないね。

待ち伏せは回避されることを理解してたら

あの配置にはならないと思う。

(フキは一応エース格のハズなので、

 目視してから追い詰める時に投入すべきだ)

それと、

延空木のEV内の防犯カメラ(今どき無いハズがない)、

DAからハックして覗くことが出来ないんだね。

人知れず処理して、揉み消して…という組織にしては、

その辺どうなのよ?と。

 

吉松真島対談は、

脇で秘書が縛られて転がってるので、

真島が乗り込んだとみて間違いないでしょう。

吉松の居場所を割り出したのはおそらくロボ太だよな。

優秀やんけ!

ロボ太としては、

アラン機関に忠告したにも関わらず

対真島の動きが無かったということで、

真島につくしか無かったといったところか。

吉松の「道を違えた責任を取る」発言は

千束に対してのもののように聞こえるけど、

だったらサクッと命を奪えばいいものをそうしなかったし、

そもそも千束はアラン機関の邪魔はしていないわけで、

生かしといても障害にはならないと思うんだよな。

となると。

かつてアラン機関に支援を受けたことがあるという

真島に向けた言葉であるとも考えられないこともない気がするけど

恐らくは深読みしようとし過ぎてるだけであろう。

 

この時代にアルバムというのは、

やはり昔を懐かしむためのアイテムとして

まだパワーのある記号ということだな。

あと何年、この描写がもつのやら。

唐突に犬!(リキ)

 

寂しいのを無理して明るくして

皆に心配かけまいという千束と

見抜いているミカ

 

真島楠木哲学戦。

真島「興味のある仕事だから引き受けた」っててことは

依頼主が要るということだぞ?

それは国内の人間なのか、海外の人間なのか。

国内の人間がDA(とアラン機関)の目を掻い潜って

国際テロリストに依頼出来るとは考えづらいので後者だとは思うけど、

冒頭にも書いたように、

そういうスケール感でここまで来てないと思うんだよなぁ。

 

ミカが千束に晴れ着を用意してたの、

アツいけど複雑だな…。

最高に父親だけど、

着る機会が無い可能性を重々承知の上で用意してたわけで…。

 

「人を助ける」手段が殺しなんだよなぁ、吉松の場合。

言葉そのままに受け取った千束とは違う。

ミカが言えなかったのは責め難い。

話を聞いた千束の反応も、まぁ、そうなる。

 

ところで。

千束は「全部自分が決めたこと」だと言うけれど、

本人はそのつもりであっても、

状況に導かれる形で意思決定が為されることは

往々にしてある。

孤児だった、

先天性心疾患を抱えていた、

成人出来るか出来ないかくらいまでは生きられる人工心臓が与えられた、

圧倒的な技術を仕込まれた、

文字通りの命の恩人と親代わりがそれらに深く関わっている

…となった場合に、

ここで言う千束の「全部自分で決めたこと」が

本当に「自分で決めた」のか。

物語の最後、

これらのことから解放された状態で、

千束が新たに自分の生き方を決めるような場面があれば

本当に救いだなと思うけど、どうか。

リコリス・リコイル #9 What’s done is done

明かされる、千束の「誕生」と背景。

 

 

秘書は元リコリスとかなんスかね。

つか、元って有り得るのかしら。

不老不死ってわけじゃないから普通に考えれば有り得るけど、

一定の年齢を超えたら、

処分とか、

記憶を消す処置とか、

あるような気がするよねぇ。

別のシーンでミカが「現役は18歳までは」という主旨のこと

口にしてたし。

 

 

診療室?に乗り込んだたきなの芝居、

絵も声ももっとブチ切れていていいと思った。

 

 

なるほど、秘書は人工心臓のアプデを不可にしたのか。

余命2ヶ月。

アラン機関の技術力、やはりずば抜けてるんだよな。

しかし、クルミが指摘していたように

千束を処分するのであれば、

あの場で仕留めてしまえばいいわけで、

そうしなかった理由は…。

情、なのかな…。

情だとして、

それはミカにも、

あるいは主にミカに、

向けられたもののような気もする。 

 

 

楠木の「DAに戻れ」は

保護や餌の意味合いもあるとみた。

真島のアジトが判明したとしてるけど、

これも、掴まされた情報説あると思うし、

楠木もその可能性を捨ててないんじゃないか?

 

 

役割は、自分で決めるよな。

 

 

「罪悪感を覚えると吸いたくなる」は重いなー。

普段吸ってないということは、

罪悪感を感じなくなってしまった=慣れてしまった、ということだ。

心のどこかに常に抱えてはいるものの、

苛まされるほどのものではなくなってしまっていた、ということだ。

親子ごっこが本物の親子に感じられたということでもあるだろうし、

千束の性格、振る舞いが忘れさせたということもあるだろうけど。

 

 

クルミの尋問を待つまでもなく、

黒幕は吉松っつーかアラン機関っつーか、だよね。

 

 

すべては10年前が始まり…ってことは、千束は7歳か。

フキとは古いんだな。

人工心臓の耐久性がおよそ10年。

なるほど、もともと長くない。

 

 

吉松も、オーバーテクノロジーに手を染めるのには

逡巡があったということかな?

 

 

たきなも強いな。

千束から離れることになっても、

わずかであろうとも彼女が延命する可能性賭ける決断。

 

 

思い出作りデート来た━━━━(゚∀゚)━━━━!!

しかも、以前のデートで選んだ服を着て!

しおりと分刻みスケジュール(笑)

理不尽なことばかりだけどさ、

それ、リコリスでいるだけでそうなんだよな。

 

 

憎いタイミングでED曲のイントロ入れるねぇ。

 

 

あらー、吉松&秘書が真島の行動を読めてなかったとは。

ロボ太からリークが入らなかったのね。

 

真島、背後に組織がある匂いがどんどん消えている。

うーむ。

リコリス・リコイル #8 Another day, another dollar

能力がギフトだとして、

しかし君ら(アラン機関)がそこから指定した生きる意味など、

当人には関係のないことだよ。

おそらくは「救う」とか「支援」で

それを強要しているのだろうけど。

 

おおおおおおおお、

千束が唐突に真島にロックオンされとる!

真島の「俺ら」は殺し屋稼業の同類と見做しているということよね。

真島により語られる電波塔事件と2人の出会い。

む、真島は聴覚が超絶なのか。

当時の彼は目が見えてないようだし、

それゆえに手に入れた能力ということか。

しかし現在は普通に視力を得ているようだ。

自分もアラン機関に支援されたことがあると示したし、

その際に施されたものなのかしらね。

しかし、支援を受けた身でこうも野放しにされるものなのか?

吉松の千束(の能力)への執念に近いを思いを見るに、

彼も常に追われ続けるに値すると思うが…。

(ロボ太にスパイ的なことをさせてるけど、

 そこに至るまで……

 本編初登場時の地下鉄でのやらかしの時までは

 ノーマークだったっぽいよな)

さておき。

「アランは純粋」という真島の評価は正しい。

世の中は潔癖であるべきという主義だよな、アイツら。

それは第1話の冒頭で語られていた。

 

 

もう何ヶ月リコリコに勤めてるんだよ、たきな。

今さら赤字に気づいて経営改善に乗り出しかーい。

超ド真面目が数字に向き合い周りを巻き込むとこうなるよね、という

一連のコミカルな描写。

経理に就任してなきゃ「まだ2本残ってますけど」は

生まれないよね。

 

 

千束スペシャル。

コラボカフェのメニュー確定やん。

たきなスペシャル(?)

コラボカフェのメニュー……。

 

 

今週の百合ポイント

Happy Halloween♪と、間を置いてのイッヌ。

千束の扱い方がわかってきているたきな、いいよね^^

「大切な場所なんでしょ」

千束のことがわかってるたきな、いいよね。

ところで。

千束の安全のために矢継ぎ早に色々と言ったたきなだけど、

おそらくは、

自分が戦闘では力になれないともう気づいてるんじゃないかな。

 

真島が部屋に来た、アランに支援されていたと千束から聞いて、

ミカ、振る舞いに困ってるなぁ。

そりゃ困るよなぁ。

でも、いよいよ覚悟決めにゃならん時期に差し掛かってるぜ。

 

ガバガバで御馴染みのDAさん、

健診のための医療機関に、

吉松の秘書?の潜入を許しとるやんけー。

千束、注射、秘書に打たれとるやんけー。

これはいかんよ…。

電気ショック与えるぜ的な機器、

心臓に命令を与えて意のままに操れる類のものか、

あるいは「処分」のためのものか。

吉松「君のせいだよ、ミカ」なので、後者かしらねぇ…。