アニメの感想を書く。

アニメを観て、感想を書きます。

魔女見習いをさがして

おジャ魔女どれみ」20周年記念作品。

(和泉彼方のおジャ魔女歴は大人になってから無印全話を観たのみ)

 

11月19日に鑑賞して来ました。

落ち着いて記事にしようと思ってたら、
コンディションがなかなか作れずに半月が経過してしまった…。
 
細かなネタバレはしてませんし、
もう公開から3週間とか経過してるのでいいかな~とは思うのですが、
一応、たくさん改行しておきます。
 
以下は自己責任で閲覧してください。

 


















 

安易にMAHO堂メンバーの新作にするのではなく、
新規に立てた「おジャ魔女を観て育ったというキャラクタ」三人を
主人公に据えたというアイデアが、まず素晴らしい。

この図式はそのまま往年のどれみファンでこの映画を観に来た人たちに
(おそらく8割とか9割の来場者が該当するのではないか)
当てはまるので、
その人たちの共感が得やすくなっていることがひとつ。

作中、主人公がMAHO堂メンバーの言葉や行動を思い出すことによる心情の変化、
決意といったことが度々起こるわけだが、
これに対する視聴者への説得力が半端ない。

更に、主人公の回顧、イメージでしかMAHO堂メンバーが登場せず、
そこで口にする言葉は従来のシリーズで語られたものや
作品に通底するメッセージであるがために、
視聴者の思い出を決して裏切らないこともポイントだ。
 
時代設定に現代をミックスして、あるいは相応に年齢を重ねさせて、
MAHO堂メンバーを主人公とした新作も、作れないことはないだろう。
(実際に16歳、17歳となった彼女たちが主人公の公式小説が刊行されている)
しかし、その中でかわされる日常的な会話において、
例えそれが成長ゆえのものであっても
「○○ちゃんはこんなこと言わない」を感じさせないことは不可能に近いし、
時代や年齢が変わったのに小学生当時と同じレベルの会話をさせていては
作品として不自然である。
 
そういったリスクを回避し、且つ、
(新たな主人公を通じて)従来シリーズで発していた本質的なことは口にしてくれる
MAHO堂メンバーは、
新たな主人公らの間でそうであるように、
視聴者の中でもある種の神格化に成功したと言える。
 
MAHO堂メンバーは裏切らない(ラノベタイトルふう)という安心感。

かくして、MAHO堂メンバーは
共感、説得力、安心感という三種の神器を携えて
周年作品としての新作に降臨した。
 


翻って、新たな主人公3人はどうだったのか。

「彼女たちは2020年という現在において、視聴者と共に様々な旅をした」と
言えると思う。
 
それは、
聖地巡礼という実際に土地を巡る旅であり、
折りに触れ蘇るMAHO堂メンバーとの思い出の旅であり、
それに付随する自身の記憶、生き方と向き合う内面への旅である。
 
多くの視聴者は彼女たちよりも少し(あるいは大きく(笑))年上で、
だからこそ彼女たちを見守りながらも、
スクリーン越しに彼女たちと同じ旅をしたハズだ。

 

スマホ、LINE、SNSといった現代のツールを取り入れて時代性を演出しながら、
発達障害、帰国子女、会社(組織)との折り合いなどの
これまでも、これからも在り続ける問題への関わり方を描き、
何より、友人や未来と真剣に向き合うことを説く。
 
その過程を描くための背骨として制作陣は「聖地巡礼」という
旅として象徴的な仕掛けを用意し、
困難に対して背中を押す存在としてMAHO堂メンバーをスタンバイさせながら、
そこにすべてを落とし込んでいった。
 
LINEを使った従来シリーズ同様のテンポの良さは流石だったし、
それにより新たな主人公3人(と3人の関係性)も十分魅力的に映っていた。
(そういう指導があったのは間違いないだろうけど、
 森川葵松井玲奈百田夏菜子の芝居もしっかり「おジャ魔女」で見事だった!)
SNSを用いた現代の人間関係描写もうるさ過ぎず。
そもそも、3人の出逢い方、繋がり方がまずもって現代的だ。
(20年前であってもこういった繋がりはあっただろうけど、
 そのハードルは今よりも遥かに高かったハズである)
また、京都での決定的なものも含め、
従来シリーズのファンがニヤリ、あるいはドキリとせざるを得ない声優の使い方も、反則的。
 
そして。

MAHO堂で出逢った3人が、
3人で共にした(同時にそれぞれのものでもあった)旅に
ひとまずの区切りを迎える時に、
その終着点で新たな出発点としてMAHO堂が選ばれるのは
当然の、そして美しい帰結。
 
長々書いてきた背景全部すっ飛ばして何も考えずに観ても、
楽しくて綺麗な作品だったと感じられるエンディングだと思います。 
 


従来シリーズのキャラクターを決して損なわず、
時代や新たな主人公の年齢ゆえに従来シリーズとは異なる
向き合うべき問題を取り入れながらも
本質的な部分で同じものを大事に描いてることがきちんと伝わる内容…。
また、
「間違いなく新作として現代を描きながら
 従来シリーズの匂いや手触りは常にある」
というバランス感覚は、称賛されていいでしょう。
 
 
 
観終えた直後の、
とりあえず1ツイートにまとめておこうというやつを貼りつけて
この記事を終わりにしようと思います。

 

波よ聞いてくれ 第2話「奴らが憎い」

ふむふむ。

麻藤の掌の上に乗せられるミナレ、というところか。

ここから、乗って、踊って、やがて収まらなくなるまでの

成長と言うか大化けと言うかが見られるのが、

このTVシリーズになるのかな?

 

 

 

出るとこ出るつもりがあるのなら、

事故だ何だの脅しに乗る必要は無かったのに。

たまたま聴かされた人たちへの弁明かね。

 

おー、カレー屋で自局が流れてたことを

リサーチ済みだったのか。

 

カレー屋の店長、ブログ更新を任せてるのって、

地味にミナレの喋りと言うかアタマの回転の速さというのを

認めているんだよね。

接客中に余計なこと喋るなとは言いつつ。

(喋らせた方がいいと思うけど)

あと、店員の声や顔って、通ってれば覚えるよ。

少なくとも俺は。

 

おおおお、わかりやすくていいな、茅代まどか。

嫉妬とプライド。

麻藤の語る対比も視聴者への説明ちっくだけど

話し相手にきちんと理屈で説明出来るという点で優秀。

 

んー、いきなり男リサーチ…。

そういうのと無縁そうなサバサバさがあるけど、

ま、福岡の男の件もあるか。

 

あ、「喋りの達者な素人なんていくらでもいる」、いいね。

その冷静さ、地に足の着いてるぶり。

 

麻藤が触れた芸人、のちのち鍵になるかな?

仕込みを疑われるのが好き、か。

自分の目をトコトン信じてるんだね。

 

師匠の話(笑)

看板変えてまで出店する辺りは

師匠への敬意ということなのかしら。

孫が継ぐ気無いのなら廃棄でいいと思いけど。

波よ聞いてくれ 第1話「お前を許さない」

原作未読。

 

-----

 

中継中にヒグマと遭遇したという設定の放送(笑)
これを生放送でやるとかミキサーさん地獄やで(苦笑)
 

主人公のミナレ、なるほど、滅茶苦茶頭の回転速いな。
弁も相当に立つ。
で、そんな彼女が相手の本質に目を向けてなかったという点、
そして結果としての別れにダメージを受けている点に、
恋愛の難しさ面白さが詰まってる……けど、
この点は以降の話数で掘り下げるテーマではないな。
 
麻藤さん、エグいことするなぁ。
訴えられたら敗訴確定の案件だぞ、これ。
放送事故をチラつかせてミナレを喋らせる件も、
ミナレとしては別に麻藤の首が飛ぼうが知ったこっちゃないし、
彼女にはビタイチ非が無い。
来ることも想定していたことを含め、
バーでのやり取りで何か確信めいたものがあったんだろうけど、
とんだギャンブラーだぜ。
 
茅代は子役で吹き替えでもやったことあるんだろうか
(背中叩いたら喋りだしてね、のくだり)
 
勢いで押し切った中でも見えてくるものあり、
見せたいであろうものの欠片もあり
(ヒグマと戦っているのが視えますという女性のラジオスタッフの台詞)
次回への興味は持たせてもらえた。
 
とりあえず、琴欧州のブログ読むわ(読みません)

かぐや様は告らせたい?~天才たちの恋愛頭脳戦~ #1

原作未読。

アニメ1期視聴済み(面白かった!)

 

-----

 

早坂愛は防ぎたい」

赤外線で護られている生徒会へ通じる廊下とは。

白銀御行、カフェイン中毒なのか。

肩にもたれかかり、最高じゃないスか!

ミッションなんちゃら。

(この作品、音楽的に綱渡りする傾向にあるな?)(笑)

 

「生徒会は神ってない」

夏休み明けに変わるのは女子というのがかつては相場だったように思うが。

石上がブチギレ寸前なのは、まぁ妥当でしょう(苦笑)

白銀御行もキレていいと思います(苦笑)

カープファン的に、「神ってる」のこの使い方はOKなのかしら(苦笑)

生徒会、マジで神ってないな(笑)

機関車トーマス(笑)

柏木は何を、どういう意図で、試しているのだろうか。

 

「かぐや様は結婚したい」

自作すごろく。

何だかんだで優しい白銀御行とかぐや様。

かぐや様の反応があまりにベタベタでわかりやすいけど

この作品はこれでOKよね。

現実の熟年離婚でも養育費かかるのん?

一般的に考えて熟年離婚だともう子供も成人してるっしょ。

石上の駄目出し(笑)

 

「かぐや様は祝いたい」

かぐや様にしては根回し下準備が足りないなぁ。

1年前から「生徒会では皆の誕生日を祝う」ことを

恒例化させておくくらいのことは出来ていて当然でしょうに。

藤原書紀にキレられる石上、流石にこれは可愛そう(苦笑)

これは白銀御行、いい切り返しだったなー。

そしてナレーションで明かされる事情(笑)

(意図した通りには)伝わらないもんだな(笑)

白銀生誕祭、来週あるのん?

めっちゃ気になる!

 

 

ED曲、ロール見るに本来はOPに流れるやつなのね。

フィルムもそうなのかな?

(今日日フィルムとは言わないよなぁ。

 でも、ムービーというのもしっくり来ないし…)

お弁当作るさま、いいっスね。

新サクラ大戦 the Animation 第12話(最終話)

最終話にサブタイトルが無いのは

小野学監督のたっての希望だそうです

(ゲーム「新サクラ大戦」プロデューサー片野徹による)

 

-----

 

アバン。

暴走するクラーラを生身で止めにかかるさくらと、

その邪魔をせんとするカミンスキーから彼女を護る花組

 

Aパート。

精神世界での説得。

水晶体(?)の中のクラーラに、

「密・リターンズ!」を思い出してしまう古のオタク……。

なるほど、要塞(セバストンボリ)にクラーラの力を吸わせて、

それをカミンスキーが自らに取り入れるという形式か。

…しかし、これ、有限の力なのでは?

クラーラは健在で力を失っていないのだから、

セバストンボリ経由でカミンスキーが得たのは

クラーラの力の一部でしかないハズだ。

おー、神山と上海、倫敦、伯林来た。

シャオロンではなくユイに、

アーサーではなくランスロットに喋らせる徹底ぶり(笑)

(エリスを加えた3名はED曲にも参加させてるもんねぇ)

(名のある女性声優で惹き付けようというやつ)

 

Bパート。

クラーラ、帝国華撃団の一員宣言。

ゲーム「2」への流れは残しておく。

各華撃団の量子戦闘機出撃も、ユイ、ランスロット、エリス(笑)

謎の機体「天神」withクラーラで形勢逆転。

根拠なくカミンスキーゴーレムの弱点を看破、断言する白マント。

最終話のカミンスキー、何度「言ったはずです」と言うのか。

合体(笑)

すみれさんのモノローグから察するに、

試製桜武は(真宮寺)さくらが、天神は大神ないしすみれが、

それぞれ搭乗する想定で設計したっぽいな。

最後はレイラも出張ってきてトドメ、と。

あれ?

サブタイトル存在するんじゃん。

「大団円!明日への希望」だって。

次回予告や公式サイトで伏せておくほどのものか、これ?

この流れと着地点以外は無いでしょ、っていう最終回だったじゃん。

EDは「スタァ誕生! 花組ver」で歌劇団の一面を見せつつ幕。
(オリジナルはすみれ、カオル、こまちが歌唱)

白秋と水晶体(?)の問題は持ち越しか。

(持ち越せるのか問題はあるが)

 

 

-----

 

今回も観ながらメモったのをそのまま送信。

 

----- 

 

このテレビシリーズを総括すると、

「奇をてらわずによくある後日談を丁寧にやったけど、

 全体的に物足りなさが強く感じられた」

といった感じかな。

 

キャラクタそれぞれの魅力とか

クラーラが家族になっていくさまとか

そもそも帝都花組が家族であるさまとかが

観ていて伝わってきたかと言うと、

俺は明確に「否」と答える。

 

2クールあれば違ったのかなぁ…。