アニメの感想を書く。

アニメを観て、感想を書きます。

少女☆歌劇レヴュースタァライト 第7話「大場なな」

ど直球サブタイトルで、ばなな回。

 

ここまでは

「好きな設定で奇をてらわずまっすぐな話で面白い」

という感じだったけど、

この第7話で「化けたわ!」と感じました。

 

 

 

 

 

まだ自分の中でうまくまとめきれてないのだけれど。

 

ばななは基本的にここまでの話では

(ひかりが転入してくるまでは)

真矢が言うように「逃避」していたのだと思う。

 

和を重んじているのか、

もとより覚悟が足りていないのか

(「キラめき」は「覚悟」と言い換えられると思っている)

自分がポジションゼロに立つことに興味が無いのか…。

いや、おそらくはそれらすべて。

 

1年時の公演に究極を見出してその再現を願っているのは、

その気持に偽りはないのだろうけど、

本人としては無意識ながら、

実は、願っているのは再現ではなくて、時間の停止だと思う。

(時の流れからの逃避)

 

そして、それが不可能だと理解しているからこその、

裏方に回る(兼ねるだっけ?)宣言。

これは、変わり行く周囲から距離を置くための手段。

(現実からの逃避)

 

ばなな自身には逃避という自覚は真矢に指摘されるまでは

無かったのだろうけれど。

 

そんな彼女にとっての想定外は2つあって、

1つ目は真矢の指摘。

誰にも気付かれず自分の中でだけ抱えてやり過ごそうとしたものを暴かれたからこそ、

「オーディション」に参加して、

ループに入ってまで1年時の「維持」に乗り出したのだと思う。

表層というか、彼女の自覚してる心情としては

「1年時のままでいたい。

 そのために永遠にこのループを繰り返す」で、

無意識の部分では、

隠し通せなくなった自分の本気の実力を発露しながらの、

1年時よりも良いルートの模索してるのだと思う。

2つ目はひかりの登場。

ループを繰り返す中で物理的に生じたイレギュラーで、

これによる変化は次回以降に語られるのだろうけど、

まぁ、これにはキリンが深く関与してるとみるのが妥当だよね。

ループを続けるばななに対する言葉からして。

少女☆歌劇レヴュースタァライト 第6話「ふたりの花道」

なるほど香子/双葉回。

日本舞踊の家の子、香子。

ここも(双葉は気づいて脱しつつあるものの)依存の関係だが。

幼き二人は今の二人より良いのでは。

 

華恋←ひかり←まひる(←華恋)か。

 

1クール後半かけて「オーディション」と平行しながら

スタァライト」制作も描いていく感じなのね。

 

あの髪色は駄目な依存をするキャラクタのものなのか?(笑)

 

あちゃー。

最終手段「辞める」をサクッと切ってきた(苦笑)

そりゃ引き止めてもらえないっつの(苦笑)

アバンのキレイなリピート。

 

おー、真矢の言葉、なるほどねぇ。

双葉を表すこの言葉を真矢に言わせるのかー。

上手い。

クロちゃんの苛立ちもこれで際立つ。

 

最後の最後で香子が一枚上を行ったのは

まぁ、いわゆる才能の差だよなー。

双葉まひる純那は、残念だけど、ね…。

 

 

EDを当番回のキャラ絵&歌唱で回すの、好き。

少女☆歌劇レヴュースタァライト 第5話「キラめきのありか」

なるほど、今回はまひる回か。

華恋への依存は大概だと思うけど、

唐突な置き去りの残酷さはある

(百合的な意味でなく)

(でも、置き去りも依存が招いた感はある)

 

華恋の、真矢への宣戦布告と、

真矢の好意的な受け止め、いいね。

 

おー、そうか、この学園ってエリート校なんだな。

通ってるメンツにそう感じさせないのが多い(苦笑)

まぁ、エリートを揃えるとその中で振れ幅出るということだわなー。

家族と地元の期待を背負って来てるのに、

それは感じているだろうに、

どうして華恋依存になってしまったのか…。

上を見て壁を感じて、下を見て安堵したというところかしら。

(必ずしも下に見てるふうではないけれど、

 上には上がいる環境の中で並びには見てないよね。

 「一緒に頑張ろう」じゃなくて

 「ここに留まろう」「このままでいよう」だもの)

 

第1話から繰り返される寮の部屋での起床シーンは、

同じ景色の中で毎度違うものを見せる装置になってるね。

 

嫉妬のレヴュー。

…まぁ、ワンワードでまとめないといけない縛りだし

いちばん強い要素を持ってくるのはわかるけど、

嫉妬だけじゃないよねぇ。

 

飛び出し坊やと野球盤(笑)

 

同じステージで複数の試合?決闘?が行われてるのは

何かしらの意味があるのかな。

 

まひるという名前、「真昼」だよね。

太陽の明るさで(それは華恋の性格かも知れない)

星(キラめき)が視えなくなっている、という。

翻って、ひかり。

自分そのものが輝くという意味でも、

華恋にとっての光であるという意味でも、

作中の立ち位置を示している。

 

宝物の最後を寸止めでオーディションをして、

結果が出て、受け入れた上で、

宝物の最後を改めて観て、取り戻す。

 

きれいな構成。

少女☆歌劇レヴュースタァライト 第4話「約束タワー」

ばなナイス。

 

華恋とひかり(と2年A組)の絆と関係性。

振り回されている側のようで実際に主導権を握っているのは華恋。

スーツケースを持って寮を出ながら、電話に出てしまうところよね。

通話内容の噛み合わなさと、都内水族館巡回と、辿り着く原点。

これは気持ちいい流れだった。

門限破り隠しコントと朝の出迎えも良き。

 

香子もオーディションを把握していたところを見ると、

まひるもばななも……

つまりはメインキャスト9人は全員巻き込まれるということか。

幼き華恋とひかりの「私たちのスタァライト」は

その意味では「9人の」だが、

ポジション・ゼロを巡る意味で考えると

まひるを除く8人の、同室の2人を指して「私たちの」だが、

果たして。

皆、そこに立てるのはひとりと考えているよね、今のところ。

 

敗戦とその影響に対する考え方も、共通の理解が見られていない。

ここら辺が物語の進行と共に重なってきた時の、

各々の反応が楽しみ。

(と言っても、キャラクタのポジション的に予想は立つのだけれど)

少女☆歌劇レヴュースタァライト 第3話「トップスタァ」

劇中劇「スタァライト」。

なるほど、華恋とひかりを重ねることが出来る。

 

あら、ばななの方が裏方兼任か。

純那にその立場を見た俺の読みは…。

まぁ、オモテとウラとを繋ぐという点で

人間関係の鍵になりそうなばななというのはハズレではないか。

 

クロちゃんの遅刻、オーディション絡みだよなー、これ。

おはようの挨拶…。

真矢と戦ったのかな。

 

双葉と香子が「対」なのは理解した。

香子、自信たっぷり。

捨てられたとか微塵も思ってないっしょ。

 

オーディション、自分が休みの時も通知来るのか。

参加者に対してどこまでオープンなのか、

その線引きの理由は何なのか、

気になるねぇ。

 

「アタシ再生産」のバンク、いいねぇ。

 

地下会場への扉、

バールのようなものでぶっ壊せるんか(笑)

 

真矢は「ひとり」と言うが、

(そのためにクロちゃんを切り捨てたと言うか蹴落とした?)

スタァライト」の台詞の通りならば

「ふたり」だよなぁ。

 

並行して行われていた(?)

クロちゃんvs双葉は

(一時的に?)追いつけない者と這い上がろうとする者、

そこにある歴然とした差を示すものだと思うが…。